画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2018年5月の日記
at 2018-05-03 01:18
2018年4月の日記
at 2018-04-01 10:46
2018年3月の日記
at 2018-03-06 01:01
御礼
at 2018-02-25 12:39
珠洲再訪日記
at 2018-02-08 20:58
2018年2月の日記
at 2018-02-03 10:21
ローレライ
at 2018-01-30 10:24
個展【暗虹街道】 2018...
at 2018-01-09 14:27
夜歩く
at 2018-01-07 21:56
ソフト・リゾート
at 2018-01-03 16:57

ブログパーツ

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

画像一覧

カテゴリ:旅( 92 )

島日記13

e0066861_22121283.jpg


「あれがあの人の魂だ」と一目で見分けるために、ひとつひとつ色を違えているのだろうか。
と思うほど、夜の海を漂う精霊舟は、虹みたいに思い思いの光を放つ。
赤い和紙の灯籠の舟、桃色の提灯の舟、青くて既に幽霊みたいな舟、早くも引火して燃え始める舟、海水にあえなく萎れる弱い舟。
生前その人たち一人一人にまったくちがう性格、違う営みがあったように。
家族は思い思いの光をのせて十五日の今夜あの世に魂を送り出す。

More
by meo-flowerless | 2013-08-16 00:13 |

島日記12

e0066861_16235979.jpg


盆ですね。
早朝から丁寧に飾られた供花の百合が、すぐに焼け焦げたように茶色になっている。
とうの昔にご先祖たちとはぐれてしまったようなおぼつかぬ我が身でも。
他人の海の他人の祖霊を、静かに想う心持になる。

More
by meo-flowerless | 2013-08-14 16:40 |

島日記11

e0066861_0384588.jpg



高速艇は海のタクシーだ。ミシンみたいに一直線に青い海面を縫っていく。
小豆島沖、僅か30分弱。今日は犬島に向かう。犬島もこの夏会期から、瀬戸内国際芸術祭の舞台だ。
巨大な銅の製錬所跡にそそられる。煉瓦造りの巨大な廃墟を、今は美術館にしている。
大企業が総力を入れている島はやはり、集めるアーティスト、施設、観光客の質と量、どれをとってもレベルが違うらしい。それは犬島の港に着いてもすぐわかる。

More
by meo-flowerless | 2013-08-13 00:53 |

島日記10

e0066861_16482318.jpg



殺人的な暑さが日々心身を削ってゆくが、人は親切だし食材をどんどんくれるし、一日のうち何回も瀕死になったり再生したり忙しい。
少し病んで寝た日があったが、もう次の日にはあまり知らない島民の方まで、「もう起きれたん?しっかり養生せんと」と声をかけてくる。
すいかもメロンも桃も腹壊すまで食べた。暑気払いに、あとしてないことは何か。
 

泳いでいない。
目の前に、そこら中に、広がるこの美しい海に、未だ入っていないのである。
「盆の間は海に入っちゃいかんよ。連れていかれるんだぜ」
と夫が忠告するので、盆に入る前の今日にもう泳いでしまおうということになる。
遠いショッピングセンターまで行き、水着やシュノーケルを買い込む。
全く泳ぎが巧い訳ではない。ただもう、水に浮かびたい。

More
by meo-flowerless | 2013-08-10 17:28 |

島日記9

e0066861_22325558.jpg


東京へは束の間の出張、もはや「島」へ帰るという感覚。

港から車で二三十分走り、集落へ降りて行く最後のヘアピンカーブの所、
石垣が黒い斑点模様に見えるなと思ったら夥しいカラスの群れが止まっている。
数日前もこの少し前の地点でこの群れが何かをしきりに荒らし探しているのを見たが、今度は何となく待ち構えているようにも見えた。
そして何故か、自分たちの車が通り過ぎるのに合わせるかのように五十匹以上のカラスたちが一斉に飛び上がって、誘導するように海の方へゆっくり向かって行った。

More
by meo-flowerless | 2013-08-08 22:33 |

島日記8

若いとき、暗い心の中で何度か思ったことがある。
「人生はもっと美しいはずなのに」
そのときの悔しさは切実だった。
結局そのあとに、
「やっぱりこんな美しい瞬間があるんだ」
と思えることにも出会えた。


ただし今40歳のこの先、人生は美しいはずなのにと言う、歯噛みするような思いをもう一度するとしたら、今度こそその悔恨は本物になるだろう。

More
by meo-flowerless | 2013-08-08 01:28 |

島日記7

e0066861_1521072.jpg


ああ鳴くのを忘れた籠の虫。でかい虫。
電照菊畑の前の家にスゴい大きい虫籠的な檻があるのを見る。
自分にぴったりのサイズだ、と思う。
あれ自分の檻なんじゃないか?という混濁。


寒いと人肌恋しくもなろうが、暑いとこの世の誰からもそっぽを向きたくなる。単純。
島唯一のショッピングセンターで勝手に車移動して、いなくなる気侭な夫に振り回され、炎天下の駐車場をくまなく一人で歩き回るはめになる。軽度の熱中症開始。

More
by meo-flowerless | 2013-08-06 15:09 |

島日記6

e0066861_20232010.jpg


小豆島に来てだいぶ肌も灼けている。
しかし松崎しげる度合数値でいえばまだ3しげる位で、日焼師匠には遠く及ばない。
今日はとにかくカラフルなソウルフルな一日だった。
行先は、女木島。そして高松港のベンガル島プロジェクト。

More
by meo-flowerless | 2013-08-04 20:27 |

島日記5

e0066861_17365262.jpg


変な夢で目覚める。

More
by meo-flowerless | 2013-08-03 17:44 |

島日記4

e0066861_6421185.jpg



開催中「絵画思考 油画現職教員展 2013」
会場|藝大アートプラザ
会期|2013年8月7日(水)−9月1日(日)
時間|10:00−17:00
主催|東京藝術大学絵画科油画

出来上がる。なんとかかんとか展示に間に合うか。
きょう明日の船が無事に絵を運んでくれることを願う。
『赤い吐息の部屋』芸大アートプラザ、『白い涙の部屋』日本橋高島屋、いずれも小品展。
対で描いた二点だがそれぞれ別の所で。

More
by meo-flowerless | 2013-08-02 06:47 |