画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2019年1月の日記
at 2019-01-04 01:44
冬の香水
at 2019-01-03 21:14
2018年12月の日記
at 2018-12-02 10:00
湖畔展望純愛ホテル
at 2018-11-25 22:32
2018年11月の日記
at 2018-11-01 09:18
2018年10月の日記
at 2018-10-04 10:43
2018年9月の日記
at 2018-09-02 12:50
北陸行記 1
at 2018-09-02 04:01
2018年8月の日記
at 2018-08-02 01:43
2018年7月の日記
at 2018-07-01 22:44

ブログパーツ

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

画像一覧

2019年1月の日記

2019年1月の日記



1月1日


初夢は元日の朝の夢のことを指すのではない、と知ってはいるが、明け方に見た夢は、ひたすら絵を描く夢だった。右手の面相筆の先から繰り出される色と形をひたすら目が追っている。描くことが嬉しくてしょうがない、という若い時の感覚。細かい花びらのようなものを描いていた。
今年はそうありたいので、書いておく。


e0066861_09512992.jpg


正月花、昨日二軒目の花屋で非常に美しいアイリスを見つけたので、それも活けた。
茎の部分を嗅いだら、天然のイリスパリダの香料のような匂いがちゃんとした。嬉しくて何度も嗅いだ。



1月3日


未明に夜勤から帰宅した夫が、寝床に入らずそのまま部屋に入って、なにかトンカンと工作を始めた。朝5時からである。時々目覚めて首を起こして見てみても、同じ姿勢でずっと木工作業をしている。10時頃こっちがいよいよ起き出して部屋に入ってみると、新しい鳥の餌台を作っていた。実家に集まるメジロのためのみかんハウスである。
作品の使い古しの部品を使っているので、ハウスの内部には夜明けの山の風景写真が展開している。足下は漆のパレットに使っていた板で凸凹している。止まり木には壊れた民芸土産の部品を使っていて「熱海」「なんとかホテル」などの文字が書いてある。
両脇壁には丸い穴が開いていて、背面は透明の塩ビ板、前面はメジロが丁度入れるくらいの柵になっている。ふわふわした藁を入れ、中央止まり木の突起にみかんを刺す。
なんと居心地の良さそうなハウスだろう。



午後、実家の柵に取り付けに行く。
すでに設置してある餌台からはシジュウカラが代わり番こにやってきてはクルミを運んでいく。彼らはその場で食べず、必ず近くの枝に止まって自分のペースで食べる。
メジロは昨日から果敢に旧餌台のみかんをつついているが、新しいハウスの出現に「ヤヤッ」という表情をしている(多分)。
メジロはハウスの左脇の丸穴を、少し伸び上がって覗いてはみたが、警戒してまだ中に入りはしなかった。シジュウカラは自分好みの餌と関係ない果実系のハウスだけれども、一応丸穴からじっと中のみかんを見つめ、「あ、ふうん」とつまらなさそうに去って行った。
明日あたりさっそく、メジロがハウスの中に入り込んでみかんを食べてくれるのではないか、という気がした。
ヒヨドリは自分を排除した大きさの、小さなハウスを見て、滅茶苦茶に不機嫌になるだろう。




1月4日


自分にとっての「言霊」は蛍の光のように闇を縫ってよぎるもの。もしそんな言葉を他に作るのだとしたら例えば「絵霊」は陽炎のように立ち上るもの。「音霊」は蜩の蝉時雨のように現れるもの。




1月8日


正月三が日くらいは開店している店舗の店内音楽も、お目出度そうな「お琴の正月用イージーリスニング」で気分出しているところが多い。
近所のホームセンターもお琴BGMを流して新年気分を出していたが、何か妙に曲調が悲しい。なんの曲だか頭で必死に記憶を辿りよせる。だんだん歌詞が浮かんでくる。
「明日も今日も留守なんて、見え透いた手口使われるほど、嫌われたならしょうがない、笑ってアバヨと気取ってみるさ…」
研ナオコ(or中島みゆき)の【あばよ】のお琴メロディだった。おめでたいのとは程遠い。思わずニヤッとしてしまったが、こういうの好き。


:::


e0066861_19122618.jpg
夫が実家に設置しためじろハウス。
やはり警戒してたまにしか来ないらしいが、来れば中には入るようになったようだ。 「日活ホテル」と書いてある。なぜかは知らない。
そして今日は新たに離れた場所にヒヨドリ台を設置。しかしあまり頻繁には果物など置かないことに。「ひよどり」「甲州街道ドライブイン」と書いてある。

e0066861_19144011.jpg


1月10日

フォーレの弦楽曲を聴くと「翼」という言葉、イメージを思う。
二つの弦楽器がユニゾンで旋律を奏でる感じが、開いた両翼を思わせるのかもしれないし、また旋律の流れが、羽ばたきのあとの気まぐれな滑空を思い出させるから、だとも思った。白い冬空を無言で自由に飛び回る影、が見えるようである。
【舟歌】の揺曳感も(これは冬より夏らしいが)、ゴンドラではなく水上に漂うカモメの体感と思いながら聴いてみたりする。
去年に引き続き、またフォーレばかり聴きたくなる季節が来た。



1月16日

【ムンク展】、東京都美術館で見る。混雑と行列の苛立ちさえ彼方に吹き飛ぶ、凄い絵の数々だった。表面的にどうのこうのと解釈出来ないような凄さ、である。近づいて筆致を見たところで、茫洋とした線のうねりに沈黙してしまうだけだ。
わけのわからない彼方の光を見せられている。どこの誰かわからぬ存在の奥底の吐気が突然自分に乗り移る。身体でも心でもない魂の芯にヌッと手をつっこまれ着火される。
霊と肉が分離も矛盾もせず混然としたカタマリとしてある。それが液体でも気体でも個体でもないものとして描かれている。描かれていることは視覚からはみだし、否応なく、五感の外に確かにある奇妙な知覚でそれらをなぞらされる。


:::

ムンクの絵の実物は、それまで画集で認識していた色彩とはやはり全く別物だと感じた。印刷では独特の青緑、桃色、プルシアンブルーの発光感は潰れる。実物には燐光のようなオーラが漂う。あの青緑は、夕陽を長く見たあとに目を閉じたときの残像の緑のように思う。
晩年に目の血管が破れた視覚をそのまま描いている絵があって、ぞっとしたのだが、その時だけではなく、ムンクはもっと若い時から、目を開いて何かを眼差して見える視覚以外の、網膜や眼球の反応を感じながら色を選んでいたのだろう、と思った。


:::

あんな、まるで人魂の軌跡に乗っかってさまよい続けるような視線、そういう視線で表現できることに憧れる。
そんな感覚を持てる時もある。が、大抵自分のまなざしは重く疲れて、水分が土に沁み入るみたいに、地縛霊が土に憑くみたいに、低いところに横たわる。
正確に言えば、文章を書く時にはふらふらと飛翔できるが、絵を描くときには地に沈む…自分のはそんな魂である。



1月18日


ホルモンバランスが崩れると、私は顕著に会話能力がなくなるようである。話しながら次の言葉を出したり句を組み立てたりするエネルギーが低下し、時々真白な思考停止に陥る。
大学生への作品講評や、会議で話すときなどは必死にエンストを起こさないようにはしている。ただ、とくに調子の悪かった12月中後半の記憶が、今ほとんど無い…何を思ったか、何を喋ったか。


声に出す会話と違い、極端に説明的なもの以外であれば「読み書き」の方には、そんなに苦はない。
おそらく自分の共感覚的な部分が関係している。文字の感じと間を色彩感覚で認識する傾向があり、書いたものを推敲するときは、視覚的、色彩認識的なバランスで語の修正や抜き差しをする。論理的思考を使う言語だけではない感覚で読み書きをしている、あるいは感覚で秩序を補っているのだろう。この感覚が衰えたら表現行為が難しくなりそうである。


私は多分もう更年期にさしかかっていてこうなのだろう。10ほど若い知人の女性は妊娠中のある時期にテキストが全く書けなくなったそうで、「女性のホルモンバランスの知覚への影響に改めてびっくりした」と話していた。
ホルモンバランスを司る脳の視床下部が、他の脳の指令系統と隣接していたりする影響でそんな症状が起こるのだ、と文献に書いてあった。



:::


女性特有の身体の変化…精神的に急には受け入れがたいところはある。ここで鬱々としてしまえば幾らでも鬱々としてしまいそうだ。以前は普通にみなぎっていた「心身を統合している基本的なパワー」のようなものにいまは強弱のムラがあり過ぎ、それを乗りこなすのにまた別のパワーを使わなくてはいけない。非常に疲れる。


しかしその変化をよく見つめてみて楽しみたい、という気持も出てきた。
歩く速度がゆっくりになったことで得られる知覚。五感以外にまだ別の知覚があるのではないか、と思うようなもやもやとした複合的・共感覚的触手のようなものに気づく。


音楽の好みの変化。緩慢なリズムに耐え、その間に何かを感じるようになってきた。音色という言葉があるが、具体的な音質というより色の移ろいのようなものを感じる音楽を探すようになった。そろそろ能楽に触れてもいい年頃なのかもしれない。
香りの嗜好の変化。香りの距離に重きをおくようになった。花を鼻先に近づけてくんくん嗅ぐような嗅覚体験ではなく、どんな広がりのどこにどんな流れで漂う匂いなのか。花の香りの香水を選ぶことが少なくなってきた。最近は、森や野山や霧を感じさせる北欧発信の香水に今まで感じなかった感動を覚えている。



先日、ムンク展に非常に感覚を揺さぶられたのも、自分の知覚の変化に応じだものだという気もする。昔から好きではあったが、若い頃には感じなかったであろう何かを得たのは確かである。
そんな体験を自分の表現に繋げられるのか、は別だけど、まあ、ゆっくりとやろうと思う。感覚が変わっていくことは、例えそれがパワーダウンであったとしても、質の移ろいにおいては寧ろ興味深いことだ。


:::

隣室からのラジオ深夜便、「ビリー・バンバン」特集が聞こえる。
もう会えないけど 忘れないわ…
という、かつて好きだった曲のフレーズにはっとした。題は知らない。
ビリバンの唄の全てに流れる、緑とも青ともつかない夕靄になにもかも消えていく感覚。喪失なのか未遂なのかわからないままの「……」という無言。良い。
あるいは。川の片岸、をいつも思い浮かべる。橋が近くに無くて渡ることを諦める川の向こう岸をなす術なく茫然と眺めている、片側の孤独感だ。若い頃そんな思いばかり、実際川岸でそんなことばかり、していた気もする。
来生たかおや、80年代の薬師丸ひろ子の歌っていた一部の歌にもそんな感覚がある。



1月19日


程度の差はあれど、共感覚(五感のうちの複数が互いに影響、補完しあいながら知覚される)的なものを持っている人は結構いるのではないか、と思っていた。いや、今でも思っているのだが……最近、改めて共感覚についての研究書や文献を読む途中で何とも言えない疎外感を感じることが多く、各人の知覚の認識のあいだには思ったより深い溝があるのではないか、と思うようになってきた。違う動物を人体実験しているような突き放しを実験者の文章から感じると、ぱたんと本を閉じたくなる。
脳の特徴は一人一人微妙な差異があるはずで、知覚パターンがそんなに二分化できるものではないと思う。ただ、そういう知覚の取り入れ方を自分のシステムとして身につけたのか、つけなかったかの違いはあるとは思うが。


自分の場合、数字とひらがなを色で知覚している感覚は幼い頃から変わらずある。漢字の一部にもそれがあるが、後天的なものかもしれない。後天的なものだったとしても、自分には非常に大事な認知システムで、書き文字と色覚の互換は切っても切り離せない。
匂いと色の共感性は強い。自然臭や生活臭は即物的な色彩しか浮かばないが、調香されたものでは数色の色が複合的に見える匂いが好きであり、その色が不自然に桃色味だけを強調しているなどの媚があると、その匂いを嫌う。好きな色の組み合わせの匂いに拘る。
音→色はあまり密接ではないが、人の声にはよく色を感じる。一部の和音には数色の色の組み合わせを感じる。逆に色→音を聞くのはよくある。
触覚は、手で触るような感覚は伴わないが、空気を伝わる何らかの衝撃波のようなものを特定の色や光に対して意識することがある。夜の灯の色味にはそれぞれ別の発散圧のようなものを感じる。効果音のようなものもついでにある。
味覚は他の知覚に対してもあまり協力しない。


これらは自分の官能や情緒を支えている長年の認知システムなのだが、すべて揺らぎやすくつかみ難いものなので、固定化されたテストなどで何度も正誤を判断する実験など受けたら、逆に考え込んでしまい、参ってしまい、感覚が傷つくような気がする。


:::


もう少し厳密に言うとすると、上に書いたような文字⇄色の感覚は、内部の電気信号を内的にチカチカ見ているような光の感覚であり、紙にベトッと印刷されたインクの色でもないし、絵具の物質的な固有色でもない。
匂い→色の場合はこれと違い、皮膚の脂量や湿度/温度から浸透してくる肉感的な色味のことだと思う。



1月20日


ついに、というかやっと、ボードレール読む。かつて「自分のようなタイプは絶対に読むべきだろう」と決めつけ、張り切って【悪の華】を買って何度か読もうとはした。
が、そのたび何一つ頭にも心にも入って来ず、訳詞の硬さに辟易し、本もどっかになくしていた。再び最近思い出して挑戦したのだが、男性至上な感覚に胸糞悪くなって、やはり放り投げていた。
しかし夕べ【巴里の憂鬱】の方を手にとってみて、3時間くらいで集中して読み終えた。凄みがわかった。
どんな時代だったか照応し、後の表現者への影響も復習し、同時代のパリを描いた絵画を想像し、ゾラの【居酒屋】【ナナ】などの濃厚な市街の描写を思い出しながら、一生懸命読んで、やっと入り込んできた。


けれどもう中年のこの歳になってやっと、「自分が噛み砕きようのない詩や散文も、歯を立てて噛んで飲んでみる」必要性を感じるようになった。
好みの点では近付き難い詩文であれ言葉の表面で拒絶してしまうのではなく、その作者にとっての「詩という態度」を追体験しようとすることで、読後の自分の知覚や意識が確実に変化する。この五感からの世界のみかたの体系に変化が起きる。この知覚や認識の刷新がなければ、あとはただ自分の創造性も老いていくだけのように思う。「詩という態度」詩のところに「絵」を当てはめてもいいのだが、自分にとって自他の境界が明確なのは詩に対する感覚だろうと感じる。




1月22日


部屋を大掃除。昔に集めかけて結局聴かずじまいだったいくつかのレコード達も放出しよう、と決心…したはずなのだが、並べてみると、手放すには惜しい気がだんだんしてくる。60-70年代のラテンやジャズ調のイージーリスニング、ギリシャがトルコらへんの70年代歌謡、ロシア北方の合唱、日本縦断SLの記録、バラライカでつづる日本旅情。何で買ったのか全く覚えておらず、誰かから譲り受けたかと考えてみたが、このラインナップを選ぶのは私ぐらいしか周囲にいないので、やはり買ったんだろう。

e0066861_15544354.jpg
e0066861_15560351.jpg


掃除中だが、レコードプレーヤーを夫に直してもらい、プラグも新たに買いに行き、レコードを十数年ぶりに聴いてみることにする。
ヨーロッパ70年代のアナログシンセによるライブラリー音楽(業務用音楽やSEやジングル集)は、結構レアで値段も数千円したので、買った時の記憶もはっきりある。
ピョーン、ミョンミョン、ぷわんぷわんという気の抜けたシンセサイザーで奏でられる短い音楽は、しかし今聴くと手作りの丁寧さに満ちた、上品な味わい。掃除を完全に忘れ、つい聴きながら心地よい眠りに落ちた。
結局、手放さないと思う。部屋もそこまで片付かないだろう。


1月22日

e0066861_00484885.jpg
そういえば真昼、すんばらしい色のヒヤシンスを見た。


by meo-flowerless | 2019-01-04 01:44 | 日記