画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2018年5月の日記
at 2018-05-03 01:18
2018年4月の日記
at 2018-04-01 10:46
2018年3月の日記
at 2018-03-06 01:01
御礼
at 2018-02-25 12:39
珠洲再訪日記
at 2018-02-08 20:58
2018年2月の日記
at 2018-02-03 10:21
ローレライ
at 2018-01-30 10:24
個展【暗虹街道】 2018...
at 2018-01-09 14:27
夜歩く
at 2018-01-07 21:56
ソフト・リゾート
at 2018-01-03 16:57

ブログパーツ

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

画像一覧

島日記9

e0066861_22325558.jpg


東京へは束の間の出張、もはや「島」へ帰るという感覚。

港から車で二三十分走り、集落へ降りて行く最後のヘアピンカーブの所、
石垣が黒い斑点模様に見えるなと思ったら夥しいカラスの群れが止まっている。
数日前もこの少し前の地点でこの群れが何かをしきりに荒らし探しているのを見たが、今度は何となく待ち構えているようにも見えた。
そして何故か、自分たちの車が通り過ぎるのに合わせるかのように五十匹以上のカラスたちが一斉に飛び上がって、誘導するように海の方へゆっくり向かって行った。



偶然なんだろうが、あまりいい気持ちはしない。

宿舎に帰り着いたとたん、台所で昼に夫が使った包丁とまな板の周りに夥しい蟻が湧いているのを見て気が遠くなった。
尋常じゃない大量の黒い斑点がざわざわ蠢いてる。それっぽっちの残りかすに、なんでこんなに集まって来たか。
潰しても死なない。叩いても死なない。
通り道はわかるのだが、どこから入って来てどこへ向かうのか判然とせず、退治に時間掛かる。
ホームセンターで殺虫剤を買って来て対処した。
が、今度は何故か六畳の方に移って来ている。


虫の知らせとか信じるのは嫌いだし、当たったことは無いけど、つい身構える。


先週は部屋の中に迷い込んで来た夜の蝉がめちゃめちゃ大騒ぎし、何故か私の右耳にばかりとまってくるのでほんとに恐怖を覚えた。決死のあのギギギ、という軋み音が鼓膜の近くでするのは衝撃だった。

やたらムカデに好かれた夏があった。あとにも先にもあの夏きり。
三回とも、自分の体にムカデがへばりついているのに気付いた衝撃。
一回は完全に睡眠中の唇の上に張り付いていて、起きた瞬間刺された。
ムカデは百足と書くけど、私が靴マニアで靴をたくさん持ってるから履きに来たんだと誰かが言った。


蟻退治ののち、作業に出しなに、夫が「空が明るいよ」と言って出て行った。
気に留めず聞いてたが、夕飯作りながら何となく違和感を感じて外を見ると、空は明るいというより、赤かった。
夕焼けは夕焼けなんだが、そこら一体甘い桃色の液体に沈んだような色で、染まりきってた。
e0066861_7385151.jpg





思わず外に出て写真撮っていると、こんどは、道路の真ん中で、薮でもないのに尋常じゃない数の蚊に襲われた。何故かそれらが自分の下まぶたばかり攻撃し、目の中に入ろうとしてくるので、気味悪くなって、宿舎に逃げ帰った。
by meo-flowerless | 2013-08-08 22:33 |