画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2018年5月の日記
at 2018-05-03 01:18
2018年4月の日記
at 2018-04-01 10:46
2018年3月の日記
at 2018-03-06 01:01
御礼
at 2018-02-25 12:39
珠洲再訪日記
at 2018-02-08 20:58
2018年2月の日記
at 2018-02-03 10:21
ローレライ
at 2018-01-30 10:24
個展【暗虹街道】 2018...
at 2018-01-09 14:27
夜歩く
at 2018-01-07 21:56
ソフト・リゾート
at 2018-01-03 16:57

ブログパーツ

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

画像一覧

島日記3

e0066861_1943532.jpg



8/7からの『絵画思考』展および『芸大油画教員展』の仕事を島まで持って来ている。
期日までに二枚描ききらなければ、自腹きって東京に帰り、この絵を会場に直接持ち込むはめになる。






赤い舌ベロの絵は学生時代にも一度描いた。意味は無い。
でもそのときも石川セリ『八月の濡れた砂』をよく聴いていた。
一昨日の夕日は血のようできのうの夕日は火のようだった。


しかし売れなさそうな絵だ。
『赤い吐息の部屋』という。晒野団地のシリーズ。
えぐい。なんか。

窓枠の下部の色を迷っているとき、真徳が手に持ってたボラギノールのチューブの緑がちょうどいいと思ったので、
「その色にしよう」
とつぶやくと、真徳は真顔で
「コレをぬるの?」と聞き返した。
いや、さすがに絵に痔の薬は塗らないでしょ、と笑ったが、真徳はきょとんとして別に笑わずに居た。
by meo-flowerless | 2013-08-01 10:05 |