画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2018年5月の日記
at 2018-05-03 01:18
2018年4月の日記
at 2018-04-01 10:46
2018年3月の日記
at 2018-03-06 01:01
御礼
at 2018-02-25 12:39
珠洲再訪日記
at 2018-02-08 20:58
2018年2月の日記
at 2018-02-03 10:21
ローレライ
at 2018-01-30 10:24
個展【暗虹街道】 2018...
at 2018-01-09 14:27
夜歩く
at 2018-01-07 21:56
ソフト・リゾート
at 2018-01-03 16:57

ブログパーツ

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

画像一覧

2010上半期・珍名店〜関東編

e0066861_1524492.jpg


2010上半期・珍名店特集です。

竜ヶ崎 カラオケ&ダンスホール ニューう○げ

(実名を出したいところだがそれは今度お店の方に許可を取ってから)

雷のきそうな関東平野の空の下、三台の車飛ばし、淡々と続く田と鉄塔の中を急ぐ。
映画『遠雷』とかに出てきそうな、日本の典型的/半分田舎半分郊外の風景。
車がないと移動も不便。皆さんどうやって娯楽を見つけているの?
という土地に、あるのだ。田のど真ん中の一軒の妖しいプレハブ。
赤い看板ネオン以外はごく普通の民家の倉庫のような作りだ。寂しく揺れる提灯。
しかし中から聞こえてくるのは、ディープにとぐろを巻く、土地人の演歌声。




入口には多くのローカル演歌歌手のポスターや、「カラオケ、10のこつ」などのチラシが。
入るとそこにはレインボーカラーの水玉ボールにライトアップされたステージ。赤い別珍ばりのソファの数々。総勢70名は収容できるという立派なカラオケ&ダンスホールなのだ。

プレハブの中のサイバー&ベルベット空間だぜ。
一歩外に出るとそこは静寂、虫の声。森と月と、田んぼだ。
大人!!

大人専用、演歌自慢御用達の自由ラウンジだが、
昨夜は超パワフルな女子&素敵なお兄様総勢20名ほどでこのカラオケホールを借り切って、宴であった。
マイクを切り裂くような声量と若い子達のテンポの速い歌の連続に、店の方も啞然。
この酷暑を振り切るにふさわしい、いや自分が熱くなりすぎてるから暑さも忘れる、凄まじい発散率の夜だった。
20名以上であれば貸し切り、アルコール以外は持ち込み可、昨夜は一人2000円程度ですんだ。
出来ればお店のためにはもっとアルコールやおつまみを頼みたいところです。



e0066861_1525977.jpg


黒磯 フレッシュベーカリー さ○とう

数日前の記事にも(栃木編)のせた、黒磯のパン屋さん。
お店に入ることはしなかったけれど、硝子越しに観るだけでも、その店主や客の「展示意欲パワー」に圧倒される。

列車の行き先表示板とパンが一緒に陳列してあるわ、
日々の俳句が色紙に飾ってあるわ。
松田聖子や田原俊彦の写真パネル、切手で出来た貼絵風景画。
切手で貼られている文字も、半紙に墨で書かれた書の文字も、ずばり「絆」。
列車『白鳥』ヘッドマーク、油絵、パチンコ台、造花、トロフィー。
何故か陳列ケースに丁寧に並べられているノド飴。
モナリザのパネル、中古カメラや携帯電話の陳列。
そして何故か松山千春の表札.....

あまりにもモノに埋もれすぎていてパンの印象が薄い、でもその「店の心」はなんか異様に伝わってくる、パワフルパン屋であった。

黒磯駅からは離れているが、近辺に実家のある方などは是非探して、パンのお味見してみてほしいです。
by meo-flowerless | 2010-07-27 11:21 |