画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

個展【暗虹街道】 2018...
at 2018-01-09 14:27
夜歩く
at 2018-01-07 21:56
ソフト・リゾート
at 2018-01-03 16:57
瑣末で切実な望み
at 2018-01-01 21:43
2018年1月の日記
at 2018-01-01 08:18
【何も死ぬことはないだろうに..
at 2017-12-25 23:14
風景
at 2017-12-16 21:05
ソビエト花葉書
at 2017-12-12 13:07
2017年12月の日記
at 2017-12-02 17:37
2017年11月の日記
at 2017-11-03 23:54

ブログパーツ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

画像一覧

個展 『香星群アルデヒド』

e0066861_22204953.jpg


『香星群アルデヒド』   
齋藤芽生展
2014.4.19(土)~5.24(土)


ギャラリーアートアンリミテッド

協力:岡部版画工房 芸術新聞社


営業:13:00-19:00 (4.19のみ22:00まで営業)
休廊:日曜、火曜

トークイベント:4月19日(土)
齋藤芽生 (画家)×山下裕二(評論家)
開場16:40、トーク17:00〜18:30
要予約 info@artunlimited.co.jp 定員30名  料金1000円
 
日本美術研究者であり、現代でもっともアクティブな評論家の山下裕二氏をゲストに迎えて齋藤芽生との対談。初個 展以来、齋藤芽生を見続けて来た山下裕二氏と初の対談。


オープニングパーティ:4月19日(土)
20:00~21:30

More
# by meo-flowerless | 2014-04-05 22:30 | 告知

四畳半店頭みくじ!

e0066861_1754130.jpg



男と女の『四畳半みくじ』、各書店に現れ始めているようです。
芸術新聞社さんのTwitterから写真をお借りしたのですが、これは丸善丸の内本店、書店店頭にてのおみくじディスプレイです。なんか不思議な夢みたい。
箱の穴に手を突っ込んでおみくじを、ひいてください!


私はまだ家にて制作浸けで見に行けていませんが.....
本当に芸術新聞社さん、誰より根本さんには心より感謝しております。
みんなみくじひいてくれるといいなあ。
気軽にくじを引いてみて、思わずディープすぎる内容に愕然としたり、して欲しいです。



e0066861_17575422.jpg



また、先日の東京新聞にもこんな広告が。
これはすごく、本を出版させてもらった!という実感が湧いてきます。
[本邦初のおみくじ文学を堪能あれ!]に、しびれます。



心がざわつく愛のおみくじ集。
ひねりの入ったプレゼントとかにもどうぞ。
まだイマイチ目覚めていない恋の相手や涸れはてた伴侶に、性教育ならぬ情操教育ならぬ、情念教育をして差し上げてください。
もしそれでふられたら、すみません。


おおっぴらな「恋愛」のようすを描いているというよりは、かくされた「慕情」を秘密裏に言い当てる、といったほうがいいでしょうか。そういうことにピンと来たら、買いましょう。
# by meo-flowerless | 2014-04-02 18:04 | 告知

『四畳半みくじ』発売!

e0066861_13050677.jpg

男と女の『四畳半みくじ』、発売になりました!
大きめ書店には、おみくじを引けるボックスも置いてあります。
早く引きにいこう!


四畳半みくじは、2008年の美術展に出品したおみくじインスタレーション作品でした。あの当時からみくじの数も増え、より濃厚な内容になっています。
一見エンターテイメント性の強い作品にも思えますが、よく読んで頂くと、内容は人生の切実に迫ったものとなっています。
思春期のもやもやから結婚後の倦怠、老年の枯れまで、長い人生の点景を描写しています。長い時間お手元に置いて頂き、ふと忘れた頃に頁を開いてその年齢なりの苦さの映し返しに出会うような、そんな本になってくれたら、と願います。


私の世界観は到底、爽やかな浄化や救いからは程遠いものだと思います。
ただ一つ自分の伝えたい世界があるとするなら「表には曝け出しようのない涙や虚しさ」への許容なのかな、と思います。


痛みを避けてなかったことにした身体よりも、痛みを通過した身体にこそ手応えのある歓びの瞬間も訪れるような気がします。
人前に出したら恥ずかしいような濃厚な感情を、少なくとも自分自身だけは内部でちゃんと認めてあげる。それは切実に大事なことだと感じています。
私の持つ世界が、何処にあるのかわからないが何処かに確実に、そういう濃厚な感情を黙って守り切るための温床として誰かのために存在できるのなら、本望です。















# by meo-flowerless | 2014-03-30 12:34 | 告知

香星群アルデヒド・第五回

短編小説連載『香星群アルデヒド』・連載第五回 アップしました。

http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/5.html
# by meo-flowerless | 2014-03-13 12:02 | 告知

香星群アルデヒド・第四回

短編小説連載『香星群アルデヒド』・第四回、アップいたしました。

http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/4.html
# by meo-flowerless | 2014-02-27 14:58 | 告知

仮眠景24・山岳寺院

e0066861_15305457.jpg



寝惚けながら手洗いに立ったら、そのまま道に迷ってしまった。
アジアのどこかの国の、夜の小路を彷徨っている。
靴下姿で、目覚めた時の半眼が張り付いたように直らないまま、異国に揺らめき出てていってしまった。


道の果ての山岳寺院の灯以外は、歩き続けられないほどの暗闇だ。
その遠い寺院から、何故か間近な感じで、異国的なお経と香気が流れてくる。
「たった一人で逃げよう」と願ってさっき眠りについたのだから、早くもその願いは叶ったんだ。
でも、取り返しのつかない闇に落ちてしまった気がする。
いったんこの眠い瞳を閉じれば、それが本当の死に直結している、のをどこかで認識している。

More
# by meo-flowerless | 2014-02-19 15:29 |

仮眠景23・花言葉

e0066861_8431517.jpg




白昼の体育館の壁がうららかに日を照り返す。
体育館の中では一般公開現代美術講座のようなことをやっている。
言葉によるグルーピング、というのをその先生は重視しているようだ。
先生は私たち学生の持つそれぞれのキーワードを紙片に印刷し、体育館に並べグルーピングマップを作っているようだ。



私の名札は他人より大きくて、おそらくは重視してくれてるんだろう。
しかしキーワードカードに、新刊書のようにわざわざ銀色の帯が付いてて、そこに仰々しいキャッチフレーズがある。
『ふと……きづいたんです。私にとっての、花ことばを…』



そんなのは私が言った言葉じゃない。
でも先生はその場所に立ちながら、聴講生に説明している。
「この人は花言葉においてのみ、特別に抜きん出ている。だからこのグルーピングの山に位置する」
違うんだけどな、と思っていても、私は真昼の体育館を外の茂みから覗いているだけである。
繁みは、燃えあがるような桃色の花の海である。

More
# by meo-flowerless | 2014-02-16 08:48 |

香星群アルデヒド・連載第三回

短編小説連載『香星群アルデヒド』・第三回、アップいたしました。

http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/3.html
# by meo-flowerless | 2014-02-12 14:51 | 告知

香星群アルデヒド・第二回

短編小説連載『香星群アルデヒド』・第二回、アップいたしました。

http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/2.html
# by meo-flowerless | 2014-01-27 21:01 | 告知

仮眠景21・殴り雪

e0066861_6181432.jpg



冬の閑散とした海辺の住宅地の駅前を歩いていた。
海岸沿いに曲がっていこうとするその角、大型の真白なバンが、カーステレオ音楽の大きな音を立てている。
煩いな、と思ってそっちを見た。
すると、海に面したドライブスルーに入ろうとしていたそれが、私の一瞬の視線を察知するかのように、進路を変えゆっくりバックし始めたのだった。



相手はスモークガラスの、運転手の見えない車だが、確実に目が合った感じがあった。
私は何気なくきびすを返し、駅の方に戻り始めた。白い車がターンして、ゆっくり私の後方に回り始めた。
付け始めたのである。
心臓がばくばくする。走り出すわけにも行かない。心当たりは無いから、変な動きをしたくもない。




途中の路地でくるっと左折して車をまいた。車の音楽はすーっと通り過ぎ、駅の方へ行った。
まいたあとは、死物狂いで住宅街を走った。次第に泣けてきて、足も縺れるようだ。
あの車のカーステレオの音楽がまだ街のどこかに響いているが、それはゴミ車のオルゴール音楽のようなものに変わっている。
執拗に、オルゴール音楽の松任谷由実の『守ってあげたい』を鳴らしている。

More
# by meo-flowerless | 2014-01-20 06:21 |

短編小説集『香星群アルデヒド』連載開始

e0066861_195318.jpg


短編小説と絵による連載、齋藤芽生『香星群アルデヒド』が始まりました。
URLはこちらです。


http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/index.html

毎月二回更新の読切短編小説です。絵も小説もほぼ書き下ろし予定。
自分に取っては、イメージを発散できて楽しめる仕事になりそうです。

毎回読み切りの短編。
表紙ページの各小説のタイトルをクリックして、本文にお進みください。

芸術新聞社さんのページ、「ART ACCESS」の連載のうちの一つ。
今後ぜひお楽しみください!
# by meo-flowerless | 2014-01-12 19:59 | 告知

1/18、芸大油画4年卒業作品学内展示へ!

これ、絶対来てみて欲しいです。

平成25年度東京芸術大学・美術学部絵画科油画専攻

卒業作品学内展示 
ー アトリエでの一日限定公開ー

会期:2014年1月18日(土)9:00~17:00
会場:東京芸術大学上野校地 絵画棟5,6,7階アトリエ および 木工室前
観覧料:無料
レセプションパーティー: 18:00~ 東京芸術大学上野校地 大浦食堂



e0066861_1731241.jpg



本年度の油画学部生の卒業制作は従来の東京都美術館をはじめとする卒業作品展に先駆けて、学内アトリエを広域に利用し、より自由で魅力的な発表を可能とする展示を一日限定で公開致します。平面にとどまる事無く、空間を活かした展示形式、立体作品、映像作品など、絵画の可能性を広げる若々しい発想のもと、多岐にわたる表現が試みられています。
同日レセプションパーティーも行いますのでふるってご参加ください。


More
# by meo-flowerless | 2014-01-10 22:56 | 告知

仮眠景20・銀砂子

e0066861_23425439.jpg



旅館の廊下は、物凄く長い。暗くて、もう二部屋先の様子は見えないほどだ。
遠い部屋の人に、緊密に切実に話したいことがあり、電話をかける。
電話機は、昔風の黒電話だ。相手の声が肝心の所で途切れてもどかしく思う。
ふと見ると、実はそれは黒電話ふうの糸電話だった。



顔も場所も見えない相手に対し、なんとか糸をピンと張るよう、闇をあちこち動きまわる。
糸の調節に疲れはてた頃、自分のどこかから、ずるずると電話機の渦巻コードが垂れ下がっているのに気づいた。
腹部から垂れ下がっているのだ。
コードの先に別の受話器があるかもしれない、と辿っていく。
明かりが漏れている近くの部屋をそっと覗くと、そこに浴衣姿でいる、別の誰かの腹部に繋がっていた。
「そうか、臍の緒なんだ」
と呟いてしまった瞬間、遠い糸電話の相手が、思い切り張り詰めた糸を一方的にぶった切ってきた。
弾みで飛んできた向こうの紙コップ受話器が、私の頬を激しく打った。


.......

More
# by meo-flowerless | 2014-01-07 23:55 |

仮眠景19・苺

e0066861_5533710.jpg




もう長いこと、覆面で共同作業している。
覆面は、鉄工所で火花を除けるマスクのようなものだ。
人に言ってはいけない内容の仕事らしい。
共同作業者の表情も声も分からず、腹の内が分からないので、最初はまさかこの一連の作業のやり取りがケーキを作っている作業だなんて、自分でも思わなかった。



けれど現にショートケーキが出来つつある。
作る喜びを分かち合うことは未だ出来ていないが、最高の下地が出来ていることは確かだ。
手探りのようにしてクリームも塗った。
苺を乗っけるときだけは、どうか相手に覆面と手甲を外して欲しい。
素手と素顔で苺を乗せてほしい。
と切に願っている自分がいるが、それが叶うかどうかは相手次第である。



......

More
# by meo-flowerless | 2014-01-05 05:55 |

ノートの最終頁

e0066861_1421590.jpg



新年会はカラオケ会なのだが、最近歌を怠っているので、若干焦る。カラオケ人の習慣のような焦りである。
カラオケを本気でやる人なら分かると思うが(本気でやる人にしか分からないと思うが)、自分の得意曲リストというのは案外大事である。とくに「カラオケ本体の各曲の設定キーが、自分の音域に合うか合わないか」を、把握していることが大事だ。例えば私が森進一の唄を歌いたくても、原曲キーが低すぎる場合は「+2」など音域をあげて歌う。唄の途中でこの作業をやるのがいやなので、得意曲の最適音域はあらかじめメモっておいたりする。



自分の場合は、メモ帳やノートの一番最後の頁などに、この曲リストと最適キーを殴り書きメモしてあることが多い。「暗い港のブルース +5」とか。
iphoneや手帳にやればいいのだが、だいたいカラオケ中に焦って、かばんからその日たまたま持っているノートを取り出して走り書くので、そうなってしまう。



今日その自分の習慣を思い出し、膨大な量の創作ノートやメモや日記の最終頁をあさって、明日歌いたい曲のキーをメモしてないかどうか探しているんだけど、こんな時に限って、ない。

More
# by meo-flowerless | 2014-01-04 01:41 | 絵と言葉

うま年はんこ

e0066861_337795.jpg



うま年はんこを作った。
年が明けてから作った。消しゴムはんこは難しいね!
作るのに根を詰めすぎて、もう葉書にはんこを押す余力が残っていない。体調悪い。寝る。
でも気に入った。


……


2日未明を初夢とするなら、自分がテルミン奏者で、「テルミンの女王」というCDを出す準備をしている夢だった。何故か時計の文字盤に手をかざし、1時が一曲目、2時が二曲目、という要領で、フィーンと音鳴らしてレコーディングしていた。こっちの夢の方が昨日のより、いい。
# by meo-flowerless | 2014-01-02 03:39 | 絵と言葉

仮眠景18・竹割山水

e0066861_5213161.jpg




メスシリンダーぐらい背の高いタンブラーグラスに、炭酸で割った鶯色の飲物が注がれている。
透明な泡、緑に深まる水、岩のように液体をせき止めているライムまで、液体を眺めていると、日本の渓谷景をくまなく見つめる眼の旅のようだ。
竹割山水です、と言いながら寺院の女性が、狭い竹林の卓上にそれを差し出している。


……


金色の海を見ながら、赤と黒の美しいオス鳥が横顔のまま、
「波打ち際が綺麗なんだ。わかるかい?」
と言って、クッと正面を向く。
頭はカンムリヅルなのだが身体はどう見ても鹿なので不格好であり、オスの語る愛に集中出来ない。

……

More
# by meo-flowerless | 2013-12-26 05:54 |

仮眠景17・アンナマリア・ブラッドリー

e0066861_11425975.jpg



アンナマリア・ブラッドリーという名の洋風こけしが、高々と胸を張って、バイオリンを弾いている。


......


ローザンヌ・バレエコンクールをテレビで見ている。
相変わらず辛辣な女解説者が、一人一人の出場者の衣装について細かくこき下ろす。
が、自分には、一つ一つが、全部違う色の鳥のような、精巧な細工に見える。
それらが一センチ大に小さくなり、すべて違う色の指輪になって、十本の両手の指に踊っている。


......



赤い海を見ながら、
「今度もまた、更に簡単に糸をぶった切られた。伝わりっこない」
と思っている自分に、死んでしまったはずの人が苛々しながら、
「全力で呼べよ!!」と怒鳴る。

More
# by meo-flowerless | 2013-12-23 11:45 |

仮眠景16・アネモネトーン

e0066861_10585517.jpg



冬日の当たる赤いカーペットの部屋で、女の子が絵を描いている。
水性マジックの先からクキクキと音をさせている。
様々な赤、紫、ピンク系統だけの、サイケデリックな色調を駆使している。
よく見ると膝元にある水性マジックセットの商品ラベルに「アネモネトーン」と書いてある。
なるほど、アネモネの花色だから赤や紫ばかりなのだ。と納得する。



むかし父が、
「同じ色合いばかりで絵を描くのは狂った人のすることだからやめなさい」
と言った台詞はまだ心に残っているが、結局そういう意識を越えて絵描きになった自分がいる。
自分なのか自分の娘なのか定かではないこの幼児には、赤ばかりで描くのをやめろとは言わない。
傍では紅色のポータブルプレイヤーの上で、赤い透明のソノシートレコードが子供音楽を奏でている。



.....

More
# by meo-flowerless | 2013-12-22 10:35 |

仮眠景15・蓮の毒

e0066861_9592326.jpg



台所にはいつものように銀色の夜明けの光が差し込んでいる。
様子が何かいつもと違う。
竦む足で恐る恐る近づくと、冷蔵庫の横に、美しい顔の若い女二人が寄り添うように腰掛けたままぐったりしている。
最近ずっと見かけなかったけれど、こんなところに居たのか。
生きているのか死んでいるのかはわからなかった。
脈を取って確かめようとしたが、彼女達のまわりに散乱しているものを見て、瞬間的に彼女達の身体に触れるのを躊躇した。


「毒薬を作っていたな」
例の疑惑事件に関して話題になっている、あの毒薬に違いない。
乳鉢の中、そして彼女達の指先には白い粉が付着している。
私の部屋から持ち出した雑誌の一頁一頁に、それを慎重に溶いて塗り付ける作業をしていたようだ。


きわめて美しい娘達で、能力も優れていた。
が、何に対しても刺のように反発することを、自負しすぎているようなところがあった。
私のことも大嫌いなようで、全く気を許さず、こちらが挨拶しても目をそらした。まさか殺意を持っているとまでは思わなかった。
冷ややかに二人を放置して、見下ろした。
この部屋の至る所に毒が付着しているに違いないと気づき、執拗に石鹸で手を洗った。

More
# by meo-flowerless | 2013-12-18 02:02 |

仮眠景14・竜宮使

e0066861_14113816.jpg



大学の校舎の長い長い廊下の、光がいつもより奥深い。美しい。
何かの影が繊細なまだら模様を作っていて、それが光の階調を複雑にさせている。
廊下の奥には真昼の水が反射している。
水は無いけれど自分は廊下の上部をゆっくりと自由に泳いでいる。
私自身もかなり長大だ。
白い巨大ウナギかリュウグウノツカイのような身体をしている。

……


青い人魚の下半身がポールに掲げられ、旗にされて、曇天を背にはためいている。
残念ながら熱帯魚系ではなく鯖系だったのでこうなったのだと理解する。
場所は再び、国連前のような気がする。

......

More
# by meo-flowerless | 2013-12-17 15:03 |

仮眠景13・玉虫会館

e0066861_153318100.jpg



宵の河川敷に座っている。左手の鉄橋を光る電車が渡ってゆく。
多摩川河口付近なのにも関わらず、川沿いには川床の料理屋が建ち並ぶ。
暗がりの中よく目を凝らすと、料理屋のよしずや襖は、全く薄汚いブルーシートやベニヤ板だ。
それが奇妙に涼しげで心地よくもある。
遠いのに料理屋の人々の声は、河原の石の一つ一つに反響し、近くで啼く河鹿の声みたいに耳元に聴こえてくる。
内容は聴こえないがその音とも声とも付かないものを、むしょうに愛おしく感じる。



自分の目の中でゆらゆら揺れる赤いものがある。目を凝らすと次第に遠距離で結像する。
『玉虫会館』と書いてある遠くのネオンだ。
あの文字のとこだけそのまま指輪にして、指にはめたら綺麗だろう、と思う。


....

More
# by meo-flowerless | 2013-12-13 05:14 |

香星群アルデヒド

e0066861_1454633.jpg



ウェブでの短編小説連載『香星群アルデヒド』は、一月明けて開始します。
隔週連載になると思います。URLは追って告知します。
毎回、モノクロームの『香星群』の挿画とともにお送りするものです。
『香星群』はここ一年断続的に、雑誌「新潮」の中表紙絵に寄せている絵と同じ仕様のシリーズです。


最近ここに書き溜めている夢日記の「仮眠景」とはもちろん、趣が違うものになります。
夢日記はいい加減に妄想の断片を力技で繋ぎ合わせて作りますが、短編小説は最初に大方の設定と筋があらかじめ決められてから、詰めていきます。
小説は堅くなってしまって難しいですが。


穴のような窓の向こうは、団地の室内ではなく、今度は宇宙です。
宇宙に放り出され、絶対に縮まることのない他者同士の「不可侵の距離」を思い知る。そんなところが主題です。
# by meo-flowerless | 2013-12-09 15:00 | 告知

仮眠景12・受胎告知

e0066861_0282832.jpg



写生遠足なのに、課題『受胎告知』と知らされる。
青空を見ても、枯木の梢を見ても、聖母などいるはずもない。
ひよどりみたいな、むくどりみたいなのが、ただビイと鳴いている。

More
# by meo-flowerless | 2013-12-09 00:17 |

仮眠景11・ゴッホ家の継娘

e0066861_8551373.jpg



希望としては、源氏物語の「明石の上」になって明石入道の家にホームステイしたかったのだが。
予定は変わって、ゴッホ家にステイすることになっている。
「大丈夫か....あそこん家は寒そうだけど...」




ヴィンセント氏は後世に伝わるイメージ通り、人間的に不器用そうな無口な男ではある。
が、一番驚いたのは、彼に妻がいたことだ。
彼自身、画家と言うよりは極貧の農夫であり、妻も灰色の農婦である。



「今日からは君を娘と思うよ」
と、瞬きもせずにヴィンセントは言った。
「しかし今日は村の祭りなんだ。初日から悪いが、家の番をしておいてくれ」

More
# by meo-flowerless | 2013-12-03 06:10 |