画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2017年10月の日記
at 2017-10-02 00:56
2017年9月の日記
at 2017-09-06 19:05
珠洲日記1 2017.8.2..
at 2017-09-05 12:52
白玉のブルース
at 2017-08-13 15:27
2017年8月の日記
at 2017-08-08 18:20
佐賀日記〜波戸岬講座
at 2017-08-07 23:22
冥婚
at 2017-07-06 02:01
2017年7月の日記
at 2017-07-03 21:51
2017年6月の日記
at 2017-06-07 02:11
2017年6月の夢
at 2017-06-06 04:41

ブログパーツ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

画像一覧

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

島日記2

e0066861_9304847.jpg


朝の雷と大雨で目覚める。
昨夜の制作では疲れがたまってて、眠りながら手だけは絵を描いているという二十年ぶりの状態を経験した。朝見ると他人が描いたような粗い筆跡になってて焦る。

朝のうちに別の島に渡る行程をやめた。雨がやんで昼すぎ母を国民宿舎に迎えに行く。
母は楽しそうにしている。
でも私は常に心のどこかで、小津安二郎の映画みたいに親が一抹の寂寥を感じていやしないか、と心配でならない。

げんに今日が母の誕生日だということ忘れていた。
旅行させることに夢中になっていて、肝心のことを。

More
by meo-flowerless | 2013-07-31 10:08 |

島日記1

e0066861_920120.jpg


誰が縛りたかった訳でもないが長いこと家に束縛され続けた、母を遠い旅に連れ出す。
父も連れて行きたいが、体がもう利かない。父は、母を一人で行かせることをよく許してくれたと思う。
父には何十年掛かった決断だったのかも知れないが、それをいまさら気付くには父の齢は疲れすぎている。いまごろ静かに昼寝しているだろう。


新幹線から母が嬉々として見ている風景は、毎度誰もが当たり前に眺めているような、田のむこうの小山に霧がかかっている普通の日本の風景だった。
「こういう霧がかかった山がずっと見たかった」
それすらを見なかったはずの歳月を感じて愕然とする。
「列車から垂直に延びてる道を見ると無性に哀しいのはなんでだろ」
とも、母は言った。平行に続く道にはなにも感じないのに。
「他人の人生に向かって離れてく気がするからじゃないの」
と自分で思わずこたえてみて、ああ私も、踏切などから垂直に離れていく道に全く同じ悲哀をいつも感じていたなと気付く。

並び沿っていくものよりも、交錯しすれ違ってゆくものに反応する。親子の人生はやっぱり似てる。

More
by meo-flowerless | 2013-07-30 09:29 |

ひさびさに

久々に打ち合わせした新潮のH さんにブログ止まってますね、と改めていわれてなんか急に再開する気になる。でも以前のように長々文を書く私は今ここにいない。それでもやる。


拙者闇討ちに遭い候 射手の腕前その命中率凄まじく壁ごと射抜かれ身動きしようにもできず矢も引き抜けず相成りたり されば壁ごと無理やり移動し落ち延びる所存 然れども潜伏先の鬼ヶ島には空一杯に大いなる張り扇でわれの頭を打ち叱咤する厳しくおそろしき鬼あり 矢で射られると張り扇でぶたるるといずれが致命傷かと自問自答の末 今のみは張り扇のほうが生き永らえる余地ありと結論す

ってな命題を抱えてこの夏を過ごす。明日から島暮らし。制作合宿始める。
by meo-flowerless | 2013-07-28 19:15 | 日記