画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2017年9月の日記
at 2017-09-06 19:05
珠洲日記1 2017.8.2..
at 2017-09-05 12:52
白玉のブルース
at 2017-08-13 15:27
2017年8月の日記
at 2017-08-08 18:20
佐賀日記〜波戸岬講座
at 2017-08-07 23:22
冥婚
at 2017-07-06 02:01
2017年7月の日記
at 2017-07-03 21:51
2017年6月の日記
at 2017-06-07 02:11
2017年6月の夢
at 2017-06-06 04:41
アクの強い辞書たち
at 2017-05-22 20:00

ブログパーツ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

画像一覧

2017年9月の日記

2017年9月の日記



9月6日

心がまだ何となく珠洲から帰らず。上野公園の人混みを半眼で見ないように歩き、目の底の海のみを見る気持。今日もしずかに安永蕗子読む。ずっと読んでいられたわけではないが、この一冊を海に持って行きよかった。



潮波の底に映りてゆらぎゐる影のかたちの我とは何か
欲しきままに風の出で入る窓あけて悲運のかたち成れり望楼
我が生きの静けき時を夏草のいかなる修羅をもてば乱るる
船ながら流離の境漂へば誰が先ゆきし痕か黒波
油凪ぎしつつ鳥さへきらめかぬ海にして我がひとつ盲愛
海中に入りゆく石の階ありて夏の旅つひの行方しらずも



e0066861_21205858.jpg



:::

午後、ほぐしやで2時間も指圧してもらった。「満身創痍ですね」と言われた。優しい女の人で時折会話を交わし、奥能登芸術祭に興味を持っていた。

:::

電車の中。食堂ショーケースや便所などに飾ってある造花の言葉を理解し、造花としか喋らない存在になり、全国造花選手権を開く、という妄想。



9月7日

密度のある孤高とはこれほどまで美しいのか、と安永蕗子の作品群に溜息をつく。彼女は怒濤のように訴えかける悲哀ではなく、徹そ底的に悲哀に均衡を与える。そのストイックさの裏に隠され姿を見せない「遺棄されたなにかの堆積」こそが美の悲しみである、とも感じる。その生きざまや姿勢に私の理想の境地を感じるのだけれど、それほどまでになるためには、棄てなければならないことが山ほどあり過ぎる。


:::

自分が姿も透明な視線だけの存在になって、ひたすらに何かを観察し、記録することが出来たら、とずっと思っていた。が、現実にはそれとは真逆の存在の仕方を、私の立場や身体や姿はしてしまっていて、いろんな人生の実質を手にしてしまっており、汚い声を発し、エゴの塊のような身体を晒し、存在の秘密一つ作れないような在り方をしてしまっているのだ。現実に透明な存在になることなど出来ないのでそれが悔恨であるとはいわないけれど、いややっぱり遠い悔恨である。

:::

安永蕗子のストイックさは無欲ではなく「物凄い圧の禁欲」だから好きなのだと思う。とくに今の自分と同じ40代の頃の作品の自らを押し殺し捩じ伏せるような圧、その圧力のなかにふとあく風穴の鮮烈さは、心を打つ。飄々とした無欲な感じの表現は私の人生とは無縁だろう。


9月9日

e0066861_15211878.jpg

芸祭は、もんのすごい人出。喧騒をよそに裏庭で私達は栗を焼いて食べる。シアワセ。

e0066861_15501965.jpg

わが教え子モエさんの売っていた水団扇。2500円也。謎の高楼建築のデッサンがかっこいい。ニスが塗ってあり、透けて、光る。


9月15日


e0066861_08180952.jpg
今朝は波が荒い。

:::


e0066861_09260604.jpg
珠洲は各地区で連日、祭が続く季節。御縁の出来た三崎粟津地区のキリコに参加し、夫の作品に「ゴショウダイ」を受け神事をして頂くという光栄なことがあった。その後区長さん宅に、伝統の風習でもある「ヨバレ」にも呼んでいただく。今回の滞在は濃密で筆が追いつかないのでゆっくり後から書こう…


下は上戸、正院の曳山とキリコの列。曳山は貝殻のような形でシュール。小振りだが鮮やかなキリコの列、着飾った男や子供達は妖艶だった。

e0066861_09263199.jpg
e0066861_09270021.jpg
9月18日

e0066861_09215118.jpg
e0066861_09221985.jpg


台風一過。藻のメンテナンス。虹が出た。


9月19日


e0066861_08121260.jpg


珠洲での色濃い風景、経験には、書いても筆が追いつかない。日記を書こうとしても言語化するのは難しい。
頑として動かなかった自分のなかの岩のようなものが動いた、それは確実に言える。
当事者ではない疎外感と引き換えに自分の自由を改めて認識したようにも思えるし、もっと言えば「自分」なんてどうでもいいよと身体中で思えた。
生きるだけで切ないし美しい。そういうものに毎日触れていた。傍観者と当事者の気分をさまよいながら。


この土地をとぶ蝶はみな大きくて悠々としていた。都会のアゲハはもっと忙しない。海 と山との狭間を鳥のように飛行し、人の合間を恐れずに舞うここの蝶と、この土地の濃い人々の印象が重なる。


また東京の日常に帰るけれども、何を大切に見て何を切り捨てるか、ということは少しは思いが定まったとは思う。

by meo-flowerless | 2017-09-06 19:05 | 日記