画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

2017年6月の日記
at 2017-06-07 02:11
2017年6月の夢
at 2017-06-06 04:41
アクの強い辞書たち
at 2017-05-22 20:00
カンボジアの絵看板
at 2017-05-14 01:55
プノンペン日記 2017.5..
at 2017-05-10 09:35
2017年5月の日記
at 2017-05-05 22:41
2017年4月の日記
at 2017-04-02 05:07
旅愁の正体
at 2017-03-18 18:39
【張込み】 野村芳太郎
at 2017-03-17 10:41
秩父三峰行
at 2017-03-05 23:49

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

画像一覧

旅愁の正体

e0066861_02302488.jpg


旅先のヒナびた土地。宿の蒲団に包まる22時頃、その土地にもいる暴走族のバイクの遠いうなりを、窓の外に聞くことがある。そんな時、夜の影がぐっと黒くなってゆくような悲哀感を感じる。ヒナびた空間に彼らが急激に引き連れてくる、遠い亡霊のような「青年性」が、なぜか旅の心にパンチ力を及ぼすのだ。

空耳のような爆音が過ぎまた静かになってしまうと、わびしさはひとしおである。あの暴風めいた音はどこに消えていくのだろう。夜のどこかを走っているには違いないが、幻の世界に帰っていくようにこちらからは聞こえる。八王子の自宅で聞こえていた甲州街道の暴走族の音よりも、なぜかリリカルで、幽玄である。ああこういうわびしさを「旅愁」というのだな、と思う。



また、峠を越えてゆくトラックのヘッドライトが遠ざかるまで、夜の旅館の窓からしんみりと光を見送ったりすることがある。あのトラックに朝が訪れることがあるのだろうか、訪れやしないのではないか、と想像をめぐらせる。生活感を剥ぎ取られ前進感覚のみが冴え渡った抜き身のドライバーの、魂の行方を追いたくなる。そのドライバーが若者であれ中年であれ初老であれ、そういう真夜中のトラック運転者の孤独にもまた「青年性」を感じるのだ。



青年というものは、他のどの世代の男やましてや女よりも死に近い存在なのだ、などと漠然と思わされる。青年の魂だけがあの世とこの世の境界にいつまでも彷徨しているイメージを思い浮かべ、うっすら怖くなる。青春を続けるうちに人生の幹線道路に二度と乗れなくなった、永遠の山林のロード。そういう勝手な妄想がよく、旅先で起こる。

こういうのはあくまでも自分にとっての「旅愁」だ。旅先の美味しい地のものも楽しい会話を楽しむことももちろんするのだが、それとは全く別に急に襲い来るあの旅愁には、甘いセンチメンタルではなく、一抹の死臭の緊張感がある。その感覚を私はとても、大事にしてもいる。



まがまがしさのない旅愁を、私は、旅愁とは呼ばない。旅愁とは戦慄なのだ。そして漠然とした危機感でもあるのだ。必ずしも旅のたびにそんな旅愁を感じなくてもいい、気楽な旅もしたいから。が、とくに印象に残る旅の記憶を辿るとやはり土地のそこここで、自分をゆさぶる不穏ななにかを敢えて感じとっていた気がする。別世界からだれか知らない青年がでおぼろげに呼んでいるような気がしてくる。「その土地のミステリーゾーンに吸い込まれて消息不明になったような存在」を妄想している時に、その土地で感じる旅愁の度合いが増す。



そもそも旅愁の感覚は、自分で体得したものではなく男の人に教わったような気が昔からしている。最初は父だったかもしれない。逢ったことのない祖父かもしれない。友達、恋人、夫…おそらく誰と特定出来るようなものではない。

地霊との仲立ちをするシャーマンという意味での「巫女」ということばがあるが、私は旅において、心のどこかに必ず「巫男」的な男の存在を必要としている気がする。この巫男が私にとって愛着や憐憫を感じさせる存在とは限らない。旅の同行者でもなくていいし旅先の土地の人でなくてもいい。むしろ寂寥や取り返しのつかないものを感じさせる怖さがなくてはならず、観念の「巫男」でいいのだ。地霊ほど縛られていないし具体的な人の記憶でもない、漠然と浮遊する「青年性」の総体のようなものが、都市の居住空間ではなく「旅」のかなたにふわふわ遊離しているのだ。




海や山より、それに至る道程の谷・峠、崖といったはざまの地形の複雑さのほうが、まがまがしさを感じさせる。車のハンドル操作をコントロールしきれぬ危険。そういう地形の風景の中に、ぽっかり別世界への「黒い孔」があいている....。廃トンネル、廃墟の窓孔。その暗がりに吸い込まれ、視界が黒く塗りつぶされる感じがする。

旅先のトンネルに感じる怖さ。黒い孔が思い出させるものはなんなんだろう。突き詰めていって、放心した青年の黒い目玉をふと思い出す。古い友か知人か、だれともない青年達の仕草や目つきが、何となく思い出される。なにかを真剣に話し込み、頭の後ろで腕を組みながらじっと空や天井を見上げながら考え事をしている。旅の果ての砂の上、安宿の畳の上。考えれば考えるほど思考が抽象的な死のほうに向かっていくときの、穴のように真黒な青年特有の眼。空虚に飲まれている眼。考えてもしょうがない夢想と停滞にボカッとはまっている眼。



むかし大学時代の男友達の部屋で、本棚に一冊の地味な冊子をを見つけて手に取った。それは彼の所属している山岳部発行の、数十年前の遭難レポートだった。一行のひとりが滑落した時間から救助に辿り着くまでの過程が時系列に沿って箇条書きしてある。遭難した男子学生の身体の反応が克明に記されているのが妙に心につきささった。瀕死の遭難者の描写に「ラッセル音あり」という言葉が気にかかかったので友達に聞くと、「ぜいぜい言う音や」と簡潔に答えた。その答えと、淡々と短いレポートに籠っている死の影がなぜか物凄くて、衝撃を感じながら冊子をしまった。友はまた言った。「その人の遭難地点に煙草一本ずつ火をつけて線香みたいにたてるのが慣わしや。一級上の◯◯さんが夜の山のテントで寝取ったとき、顔の逆光になって見えん登山者に火のついた煙草を口にくわえさせられたことがある、ていうてたな。その死んだ先輩やろな」

多分そのことは自分の妄想の一つの引き金になっている。山岳、山林、青年、死、そのイメージが多様な亜種となって自分の旅愁を刺激するようになった。




青春を過ぎていく男が若い希望の上にしだいに蓋をしてゆくときの、観念的な死。いまでは旅愁のなかの死臭とは実際の死ではなく、そういう観念的な死の匂いのほうに近いかもしれない。男はいつまでもやんちゃなガキだとよく言ったって、いつしか青年期は確実にその男のものではなくなる。男だけの遊び、男だけの旅には、私には何か、開き直った明るい「とむらい」の匂いさえする気がする。

廃棄された「青年期」が吹き溜まる場所がどこかの時空にある。神隠しの男がまだ歳をとらずさまよう山林がある。青春の苦い思いが澱のようにとどこおって一大別世界を形成している奈落がある。…..そんな別世界から旅愁の寂しい風は吹いてきて、私の頬を撫でる。

こういう妄想世界は私の作品にもにじみ出ているとは思う。昨年は巫女的なテーマで作品を作っていこうとしたが、難しかった。かつて書いた小説(それが博士論文でもあった)の筋は行方不明の弟を捜す姉という粗筋だったが、それを思い出すと、姿を見せてくれない男の聖性を仮定するほうが、いろんな想像が働くようだ。



男がなにかと訣別していく青年期の岐路が集結し、あの世の広がりのように存在する。終わることも交わることもない分岐がひたすら続く世界を、永遠に迷う旅人がどこかにいる。いつか自分がそちら側へ迷い込むかもしれない。いやいや女の自分はこちら側の世界に踏みとどまっても、見知った男をそちら側へふと迷い込ませてしまうかもしれない。危ない、と感じて気を引き締める。旅というのは、そういう分岐点へのあやうい恐怖と、山岳の薄氷を歩かされる一抹の危機感のようなものと、常にともにあるようだ。





by meo-flowerless | 2017-03-18 18:39 |