画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

白玉のブルース
at 2017-08-13 15:27
2017年8月の日記
at 2017-08-08 18:20
佐賀日記〜波戸岬講座
at 2017-08-07 23:22
冥婚
at 2017-07-06 02:01
2017年7月の日記
at 2017-07-03 21:51
2017年6月の日記
at 2017-06-07 02:11
2017年6月の夢
at 2017-06-06 04:41
アクの強い辞書たち
at 2017-05-22 20:00
カンボジアの絵看板
at 2017-05-14 01:55
プノンペン日記 2017.5..
at 2017-05-10 09:35

ブログパーツ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

画像一覧

日記

e0066861_20341711.jpg



短編小説連載『香星群アルデヒド』開始は年明け、一月十日からを目指している。
自分は小説家じゃなくて絵描なので、どうしても絵のイメージが下地になる文章だけど、小説書いていくことに対しては、とても楽しさを感じる。





ところでこのブログでは、最近「仮眠景」カテゴリーを連続して書き綴っている。
元々の自分の文章の考え方、記し方が、一番素直な形で出せるので、つい書き重ねるのだと思う。
「仮眠景」は夜見る夢に限らず、眠りに落ちる前の短い入眠幻覚、目覚めているときにも嵌り込んでいる妄想、あとはいわゆる自動筆記的に書いてしまう文などを中心に書いている。
無責任備忘録、である。
読む人が、他人の夢を読まされて退屈だろうなどとは、このさい考えない。



小説となると、無責任な夢を無責任なまま放置するような書き方は出来ない。
胸躍るような粗筋などはないのだが、それでもやはり何らかの「情」で決着させようとしている。
小説の中では、何らかのカタルシスに自分自身行き着きたがるのだ。
『香星群』は、「仮眠景」のような意味宙吊りの結末になるべくしないのだ、と決めている。



『香星群アルデヒド』の一編一編は誰かに「届ける」贈り物のようなもので、
「仮眠景」のような内容は誰かを「引きずり込む」場所のようなもの、
と自分では思っている。
.....というほどうまく書けるようになればいいけど。
by meo-flowerless | 2013-12-28 21:00 | 日記