画家 齋藤芽生の日記 Twitter/ @meosaito


by meo-flowerless

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
絵と言葉



匂いと味



映画
日記
告知
未分類

最新の記事

白玉のブルース
at 2017-08-13 15:27
2017年8月の日記
at 2017-08-08 18:20
佐賀日記〜波戸岬講座
at 2017-08-07 23:22
冥婚
at 2017-07-06 02:01
2017年7月の日記
at 2017-07-03 21:51
2017年6月の日記
at 2017-06-07 02:11
2017年6月の夢
at 2017-06-06 04:41
アクの強い辞書たち
at 2017-05-22 20:00
カンボジアの絵看板
at 2017-05-14 01:55
プノンペン日記 2017.5..
at 2017-05-10 09:35

ブログパーツ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

画像一覧

芽生気づく(めおけづく)

e0066861_235582.jpg
釈迦の髭。揃って会うのは何年ぶりだろうか。
この集まりの名前の由来は知らない。思いつきだと思う。
彼女達は、私が十年前くらいに母校の女子中、高校の土曜絵画教室を教えていた時、通ってきていた後輩達だ。
いずれ劣らぬ名花ぞろい、いずれ劣らぬ女侍。
自分は口達者だと思っていたが、彼女達の嵐のような頭のキレと、喋りのコクと、シュールな掛け合いのカオスの前では、ただただこの私も茫然とするばかり....。



まあ私の知りうる限りの女子の中で、最もパワフル、歳が離れていても、最も信頼する同士達。

彼女達ももう齢25か6だ。それぞれの道で、世界を股にかけて活躍する女になった。
大学時代からかなり忙しそうだったが、勤めてからは全員集まるのは二年くらいに一度のチャンスしか会えなさそうなので、今回日暮里に集結。

思い出話をしんみりするというでもなく、いつも話は勝手気侭なテンポであちらこちらに飛ぶ。
7年ぶりくらいにやっと会えたにもかかわらず、またしても話題は、
NNがアルマジロに似ている話、アルマジロ似の姿をマトリョーシカに加工する話、
Sがインドネシアの村から昨日帰国し昨夜は変な虫に刺されてお岩みたいだった話、
MKがつきあいはじめの彼氏と一緒に風呂に入るとはどういうことかという議題などに終始。

好きな男の人を紙の種類に例えると、と云う、数年前の議題の事後報告もあり。
デザイン専門のNAはもちろんそのモデルのようにクールな容姿からしてもわかるように「ケント紙」のような男性が好きなのだった。
つるっとしていて、中々汚せませんという緊張感がないと駄目らしい。
私は相変わらず「藁半紙」だと云った。
他のジャンルに例えたときは「苔玉」「毛羽立ったテニスボール」でもある。
建築専門のNNは数年前、確かに「木炭紙」だと云ったはずだった。
多少汚しても描きつぶしても弾力性に富み、ちょっとした匂いと暖かみのある感じがいいのだと云っていた。
しかし渡米した今は変わってしまったという。
「今はもっと綺麗な紙でなくちゃなぜかイヤだ。スーパファインみたいな男の人がいい」
「じゃ、でも、裏表があるんだね」
「そうそう」

いつもこのメンバーが集まるたびに書いている釈迦の髭ノートを読むとこんなことが書いてあった。
私のいないときに書いたものらしい。

『芽生気づく【めおけづく】』
−2008年、年末流行語大賞ー

シーズンオフで人気がない大磯は、
私達を芽生気づかせる。

遊隠地 の様なホテルのソファセットや、
ウォータースライダーは芽生気がある。

Sのストパーかけたばかりの犬っぽい髪の毛も、
NNの妙に赤いコートも芽生気づかせる。

シーサイドチャペルが少し嘘っぽく佇む海岸は、
大仕掛けの



ここで書くことを飽きたらしい。
めおけづく、とはまあ、私の好きそうな、私の絵の中にありそうな、
どうしようもなく寂れた土地のオーラのことなのだと思う。
「いや、寂れてるだけじゃなくって!なんていうかなー.....芽生気なの!

春に九州旅行したとき、大学時代を九州で過ごしたSに
「私の好きそうなスポット教えてよ」というと、
「ああ芽生気づいてるとこでしょ。それなら」
と数カ所、ぐったりするほどマニアックな場所を教えてくれた。

そこに足を運んだ時、その寂れ具合に放心するとともに、
何か下腹部が痛いような、にわかな受胎感のようなものを感じ、
なんでかな、と思ったが、
多分それは『芽生気づく---産気づく』のシンクロ具合がそうさせたのだろう。

釈迦の髭よ永遠に!
次回はバングラディシュにて!
画像載せてごめんよ、でもいかしてたから!
by meo-flowerless | 2010-07-04 00:02 | 日記